100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > スコアーメイク 守りのゴルフの落とし穴 1-1 スポーツ心理学の追加説明 改訂版

2018.06.19

スコアーメイク 守りのゴルフの落とし穴 1-1 スポーツ心理学の追加説明 改訂版

スコアーメイク 守りのゴルフの落とし穴 1-1 スポーツ心理学の追加説明 改訂版

スポンサードリンク

前回までにゴルフの心理学について幾つかのお話をしました。

これに関連して説明不足と思われる(おまけとは別に)部分がありましたので、今少し付け加えておきたいと思います。

守りのゴルフテクニックと攻撃的なショット選択

少しでもスコアを良くしようとすれば、いわゆるスコアメイキングに必要とされるコースマネジメントの知識が必要になってきます。

例えば、「スリーパットを極力しないような知恵と工夫」とか、「ハザードにボールを入れたり OB になる可能性を小さくするようなターゲット設定とイメージ作り」などと言った守りのゴルフのテクニックを上手く活用することがスコアーメイクに不可欠となってきます。

しかし、時には「バンカー越えでピンをデッドに狙ってショットしよう」とか、「下りのスライスラインのパットを少し強めに打って決めてやろう」などといった攻撃的なショット選択をすることも必要なわけですね。

このような攻めのショットと、リスクを避けるといった守りのショットを上手く使い分けることが、スコアメイクの鍵を握っているとも言えるのです。

その攻守が上手く噛み合った時に、良いスコアが出せることになる訳です。

とは言うものの、攻守が噛み合わず、とんでもないスコアになると言うこともゴルフでは珍しくありません。

いや、どちらかと言えば残念ながら、そっちの方が ゴルフでは 良くあることだと言えるのではないでしょうか。

どのような選択をすべきなのでしょうか?

長くなりましたので続きは次回以降ということで・・・・・。

ページの先頭へ戻る