100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > ゴルフストレッチ > ゴルフ用ストレッチ 正しいウォーキング方法

2014.03.02

ゴルフ用ストレッチ 正しいウォーキング方法

スポンサードリンク

体つくりの基本は歩くことにある、つまりウォーキングが基本であり、正しいウォーキングは絶大な効果があるようです。

そこで今日はストレッチの基本とでも言いますか、「ウォーキング」について記載したいと思います。

まず大事なことは、歩き始めは足からではなく? えっ?足からではないの?と思われた貴方、間違いです。ではどうすれば良いのでしょう?もったいぶっても仕方がないので、早速説明しましょうね。

様々なストレッチと同様でリラックスして良い姿勢が大前提ですよ。歩き始めは最初に足を前に出すのではなく、上体が前に倒れることで足が自然に前に出るような感じが効果的なウォーキングの基本だそうです。基本的に体よりも前に足が出ないこと、胸の下付近が先行して足は後からついてくるような感じですかね。倒れない程度に前に重心を掛けながらブレーキを掛けないでそのまま自然に足を出して行きます。

併せて着地時に膝が曲がらないようにできれば理想的ですが、腿裏や背中をやや反る体の柔軟性が必要ですから、あまり無理をしないようにしましょう。初めのうちは膝が曲がっていても構いませんし、慣れてきたらやや意識して足を延ばして着地ができるようにできればいいですよ。くれぐれも無理をしないようにして下さい。あと着地は踵からが基本中の基本です。

 

正しいウォーキング・ランニングに於いては、前への推進力は決して脚力ではないという事です。体の上体を前に倒すことで重力による推進力が生じ足でこれを支えるだけなんですね。従って正しいウォーキング・ランニング(歩き方・走り方)は、脚力を使わない為とても楽な動きになります。という事は疲れにくい歩き方・走り方だということになります。

逆に足から先に前に出すような歩き方は腰にも負担がかかりますし、疲れやすい為長く歩いたり、走ったりすることができません。

長くなりましたので、例によりまして続きは次回という事で・・・・・・。

 

ページの先頭へ戻る