100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > ゴルフストレッチ > スタート前に行っておくべきストレッチ おまけ編 3

2014.04.15

スタート前に行っておくべきストレッチ おまけ編 3

スポンサードリンク

スタート前に行っておくべきストレッチ、おまけ編3です。太もも、肩甲骨回り、ときたならここもやっておかないと不公平というか、十分ではないですよね。

ということで、今回は股関節回りのほぐしとなります。これを行うことで、股関節・骨盤の柔軟性が上がり、体重移動が行い易くなります。用意するものは、椅子を1脚お願い致します。

では早速、説明いたします。

(1)椅子に浅く腰掛けて、両足を肩幅より広く開きます。この時つま先は開かないで正面を向けたままにして下さい。

(2)両手で椅子の端をもってお尻の位置を固定し、左右の膝を交互にリズムよく内側へ振るように動かします。横から反対側の横下へ膝を送り込む感じです。(※膝の内旋運動ですので、できるだけ骨盤が動かないように、しっかり両手で支えていて下さい)

女性は比較的簡単にできると思いますが、男性にとってはちょっときついかもしれません。左右交互に20往復程行って下さい。結構な運動量に感じると思います。

これで結構股関節の前と太ももの内側の筋肉をほぐして柔軟性が上がりますよ。

これで十分温まりますよね。

ページの先頭へ戻る