100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > 基本スイング 体重移動の誤解について

2016.12.14

基本スイング 体重移動の誤解について

2014-05-17_18h01_09

スポンサードリンク

なぜ?誤解されるのか?

レッスン書の中には、一軸スイング・左一軸スイング・2軸スイング、或いは「体重移動はしない!」とか、「スウェーしない様に!」とか、体重移動に関する記述が数多くあります。

これは取りも直さず、ゴルフの基本としてポイント的にはとても重要で、誤解されやすいものであることの裏付けとなっているからでしょう。

誤解の原因は、言った側(アドバイスした側)とこれを受け取った側(アドバイスされた側)に解釈・理解のズレ(ミスコミュニケーション)がある事が大きな原因の一つだと思われます。

例えば極端に言うと、アドバイスした側は「体重移動しなさい」 ⇒ アドバイスされた側は「スウェーしなさい」と受け取ってしまうといったような事です。

もちろん受け取った側がいきなり「スウェーしなさい」と思うという訳ではありません。「体重移動」しなくてはいけないのか? ⇒ それならばもっと腰を大きく動かさないとけないな ⇒ 

「スウェーしなさい」と思ってしまうという意味です。

一番の原因と思われるのが「体重移動」を行う ⇒ 「腰の水平移動を行う」 ⇒ より遠くへ飛ばすにはもっと腰の水平移動をしなくては、といった思い込みが生じ、その結果、やり過ぎて

「スウェー」になるのでしょう。

この「腰の水平移動を行う」 ⇒ 「遠くへ飛ばす為には体重移動を多くすれば良い」といった、単純な思い込みが勘違い(誤解)となっているのです。

確かに、飛距離を出すには「体重移動(重心移動)」は不可欠の要素なのですが・・・。

正しい「体重移動」の定義としては、「テイクバックからフニッシュに掛けての重心の移動のこと、左右の足の内側間」、もう少し詳しく言えば

「左足のつま先、親指の付け根辺り(拇指丘)から、逆の右足親指の付け根(拇指丘)の間で行われる重心移動のこと」

ということになります。

この言葉でさえさらなる誤解を産んでしまいそうです。

というのも、体重移動とは?・・・・、言葉の定義として重心の移動なのか?それとも重心を支える場所のことなのか?(前述の拇指球云々はこちらです)

逆に言えば重心点の移動としては「両足の股関節の間における移動」ということになります。

この辺の違いが理解できていないと、「誤解」になってしまうわけですね。

さらに言えば、重心点ではなく「重心(スイング)軸の移動」という場合もあります。詳細は次回に譲りますが、

説明する側も受ける側もこの辺のことを承知した上でアドバイスしたり、受けたりしなければならないわけです。

ページの先頭へ戻る