100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > 「インパクトはアドレスの再現」って本当?

2017.05.10

「インパクトはアドレスの再現」って本当?

2014-07-20_10h47_21-fw

スポンサードリンク

決して再現ではありません。

インパクトでは、アドレス時と以下の違いがあります。

  1. 「右足は大地を蹴って、その膝は左膝の内側へ向かい始めており」
  2. 「腰が左側へ45度ほど回転した状態になり」
  3. 「体重配分が体重移動で右足から左足に8~9割ほど掛かっている最中で」
  4. 「頭の位置はアドレス時の位置へは未だ戻っておらず、右に残ったままで」
  5. 「手の位置は、アドレスの時に比べターゲット方向にやや押し込まれて」
  6. 「右腕も伸びきる直前で、」
  7. 「頭の位置がアドレス時より少しばかり上へ移動している」

 

アドレスでは、

1:両足の拇指球に50%:50%で体重がかかり、バランスを取っています。両膝は少し曲がって上半身を支えています。
2:ターゲット方向に平行に両肩・腰・両膝・両足の拇指球があります。
3:腰は膝がやや曲がっている分下がって、ターゲット方向と平行(スクエアー)で、体重配分は50%・50%
4:前傾した頭は正面を向きボールを見つめ、動きません。
5:両手首は体の正面で右肩が右手グリップの位置の分だけ下がっています。
6:両腕ともに少しだけ曲がっており、やや余裕がある感じで伸びてはいません。
7:4と同様で動いていません。

ということで、アドレスとインパクト時点では全く違う動きになっていることがお分かりになられたと思います。

もちろんクラブヘッドの向きは同じであるはずです・・・・が、

どれくらいの人が同じになっているのでしょうね。

ページの先頭へ戻る