100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > 前傾角度の基本  2-1(改訂版)

2017.10.31

前傾角度の基本  2-1(改訂版)

2017-10-30_17h54_01

スポンサードリンク

前傾角度って、どうやって決めていますか?

お尋ねしますが、皆さんアドレスのときの前傾角度ってどういう基準で決めていらっしゃいますか?

ただなんとなく?ではないですよね。

前傾角度はどのようにして決まるのか?というと、前回お話したアドレスとグリップが正しい状態のときに、クラブのヘッドソールを全部きれいに芝生(又は地面)につけた状態正しい前傾角度ということになります。・・・・・・????判りますか。

ゴルフでアドレスした時の前傾角度、これは体型、身長、腕の長さなど人それぞれで、また使用するクラブによって、違ってくるということになります。ですので、前傾角度は自分で決める必要があり、当然ですが他人と同じようにはならない(微妙に異なる)のです。

この時の姿勢については前回お話したとおりで背筋を伸ばして、胸を張りお尻を少し突き出し(気分的には少しではなくかなり)、膝を少し曲げた格好になります。更に腕を垂直にして上記の姿勢を作ればよいわけです。消して猫背にはなったらいけません。

これがアドレス時の前傾角度の目安で、手首の位置が同じならば、前傾の角度は、クラブの長さによって変わるはずです。手首が造る角度も少しづつ変わります。短くなるほど垂直に近くなり前傾角度は深くなります。(長くなれば逆)

個々のところの理屈をしっかり理解しておきましょう。基本の前傾角度が理解できれば傾斜地での前傾角度も迷わずに済みます。

ページの先頭へ戻る