100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > アドレスルーティーンについての補足、3-3 如何にリラックスするか?

2018.04.03

アドレスルーティーンについての補足、3-3 如何にリラックスするか?

4317928

スポンサードリンク

アドレスルーティーンは、動作だけではない。基本は如何に精神的にリラックスするか?

アドレスルーティンと言うと「単にショット前の一連の動作を いつも同じにすることだ」と考えてた人も少なくなかったと思いますが、そうした形ばかりを考えたものでは、本当の意味でアドレスルーティンとは言えないことが、「アドレスルーティーンの作り方」でお話しした通りお判り頂けたと思います。

本当に大切なことは、「無意識の中で正しいアドレス(正しいスタンス・方向性を決める)がとれる事、思考パターンや力の抜き方といった部分である。」と言うことを良く認識・理解することです。特に「どうすれば無心になって力みのないショットを 毎回打てるか」という視点から、自分のアドレスルーティンを決めて頂きたいと思います。

正しいアドレスルーティーンを行い(ポジティブな思考で、正しい方向・目標にアドレスをする。

そうして筋肉に緊張を作らないで)、いつもの練習した結果を信じて、細かく考える間もないまま無心で打つ事が出来れば、よい結果が得られるでしょう。

アドレスルーティーンが無意識のうちにできるようになれば、あとは淡々とリズムの中で「アッ」という間に打ってしまえば良い訳です。

細かいフェイスの向きとかスイングイメージ、弾道のイメージは、アドレスルーティーンに入る前に考えておいて、いざアドレスルーティーンに入ったら、あとは無心で振り抜く事だけを考えれば良いということです。

皆様のスコアーアップを記念しております。

ページの先頭へ戻る