100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > フォワードプレスについて 2-2 具体的には? 改訂版

2018.08.07

フォワードプレスについて 2-2 具体的には? 改訂版

2013-12-13_00h07_30

スポンサードリンク

前回の「水の入ったバケツ」のたとえ話、大変分かり易くてうまい例え話だと思いますが、皆さんいかがでしたか?。

さらに、水の入ったバケツを振るイメージは バケツの中の水をこぼさないよう 体とクラブを動かすのがポイント(クラブのヘッドの重みを感じながらスイングする)で、 スイングを通じて持ち続けて欲しいイメージであり、 感覚になります。

このイメージで、バケツの中の水を フィニッシュで自分の左側に投げ飛ばすイメージでスイングを完了すれば ドロー系のボールが打てるし、右前方に飛ばすイメージでフィニッシュすれば フェード系のボールが打てるということになります。

その他、様々な動きやテクニック

また、グリッププレッシャーを 強-弱-強-弱 などとしてリズムと弾みを付けるテクニックや、 指を小刻みに動かす方法、さらに、アドレス時にワッグルをしてから間髪を入れずに「フォワードプレス」に入るようなスタイル等、「フォワードプレス」の動かし方の一つとして試してみて下さい。

このような中から 自分に合ったものを見つけて頂ければ良いと思います。

私が個人的に良いと思うのは、ぱっと見て分からないほどの小さな「フォワードプレス」の方が、本来の目的を上手く果たせるのではないかと思ってます。

逆にあまりに大きな動きは、かえって余分な力が入ってしまい本来の目的を外れてしまいますので、注意した方が良さそうです。

以上「フォワードプレス」についてでした。それでは、皆さんのスイングが良くなってスコアーが少しでも縮まりますよう祈っておりますね。

ページの先頭へ戻る