100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > フォワードプレスの補足「小さな筋肉の動かし方」について 3-1

2018.08.21

フォワードプレスの補足「小さな筋肉の動かし方」について 3-1

2014-03-19_16h26_05

スポンサードリンク

「小さな筋肉」とは?

フォワードプレス」について前回お話をしましたが、説明が十分でない部分がありますので、関連する補足説明として「小さな筋肉の動かし方」について記載します。

PGAのティーチングプロが、レッスン時によく使う言葉に「スイングは大きな筋肉を巧く使えば、すごく楽にスイングが出来るし、疲れもしない。スイングが安定して、おまけに怪我もしにくい」というのがあります。

確かに大きな筋肉を上手に使う事は大事ですが、といって小さな筋肉を使わなくても良いという訳では決してありません。

小さな筋肉はとても器用で対応も早いのですが、その反面動きを覚えておくのは苦手のようです。

というか、瞬間的には巧く対応してくれますが、すぐに忘れてしまうのですね。

ゴルフスイングは軌道の安定(いつも同じスイングが出来る事)がスコアアップには欠かせませんが、小さな筋肉はこのスイングの動きをすぐに忘れてしまい、かえって余計な動きさえしてしまうのです。

結果小さな筋肉だけのスイングは、安定せず上達へは中々至らないという事になってしまうのですね。

ページの先頭へ戻る