100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > インパクト > ゴルフ スイングアドバイス パットについての考察 1-1 目線の定め方、イメージ  改訂版

2018.09.11

ゴルフ スイングアドバイス パットについての考察 1-1 目線の定め方、イメージ  改訂版

a1180_005688_m

スポンサードリンク

パットの際の 目線、イメージ、アラインメント について

皆さんコースでのパット、どのような目線、イメージ、アラインメントで打ってますか?

プロプレーヤーや名手と言われている人達は、どんな感じでその時に臨んでいるのでしょうか?そのテクニックの、以下の3点に付いて考えてみましょう。

その3点とは、 ① 目線、② イメージの作り方、③アラインメント です。

① 目線の定め方

まず① 目線ですが、どこに視線を合わせれば良いのでしょうか? カップ? ボール? ターゲットライン上のスパット?色々考えられますが、どうやら以下のようになっているそうです。

アマチュア・プレーヤーの多くは ボールに目線が行くそうですが、プロプレーヤーやパットの名手と言われる人達は ほとんどの場合、 ボールを見ずに クラブフェースを見ているのだそうです。

肝心なのは、インパクトの瞬間にボールの 4-5センチ先の目標ライン(ターゲットライン上)に目線を置き、 クラブフェースが スクウェアーにターゲットライン上を通過するように意識しているそうなんです。

「打ったボールを 目で追いかけてはダメだ」と言われるのは、こういうことなのでしょうね。

続きは次回以降で!

ページの先頭へ戻る