100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > スイングアドバイス スイングプレーンとは?正しい認識をしていらっしゃいますか? 改訂版 2-2

2018.11.27

スイングアドバイス スイングプレーンとは?正しい認識をしていらっしゃいますか? 改訂版 2-2

2014-07-30_17h25_17

スポンサードリンク

スイングプレーンは2つある!!

スイング軸を中心とした回転「肩から腕・グリップまでのプレーン」と、クラブシャフト「グリップからクラブヘッドまでのプレーン」を上手に融合させたものが一般に言われるスイングプレーンという事になります。

詳細についてはまた別の機会に譲りますが、クラブの数だけスイングプレーンがあると言われると、これをコントロールして自分のものにするのは、大変複雑でややこしく至難の業になってしまうのです。

スイングプレーンの理解を簡単にするには

そこで、良く言われるのがスイングプレーンはクラブの数だけあるけれど、少し簡単にするためにスイングプレーンを大まかに二つに分けてみたら良いのでは?という考え方です。

具体的に言えば、クラブシャフトの長さによって、ウッド系の長め(5I 〜 DR)のスイングプレーンと、アイアン系の比較的短いクラブ(6I 〜 SW)のスイングプレーンの2グループに分けてシンプルにしようというわけですね。

前者はややフラット(というか斜め50度くらい)な横振りに近いスイングプレーンで、後者は縦振り(80度〜85度くらい)のスイングプレーンを意識するという事になります。

こうすると少し単純になって、スイングプレーンがイメージし易くなってきます。

ページの先頭へ戻る