100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > アドレス > ゴルフスイングアドバイス 2-2「ボールは左足踵線上にセットする」は基本中の基本!、応用が大事です。改訂版

2018.12.29

ゴルフスイングアドバイス 2-2「ボールは左足踵線上にセットする」は基本中の基本!、応用が大事です。改訂版

2014-07-20_10h47_21-fw

スポンサードリンク

前回は基本中の基本として「ボールは左足踵線上にセットする。」から始まりその応用1「インテンショナルショットを打つ!」というお話でしたね。
本日はさらに応用を進化させてみましょう。応用編の2・3 をお話ししましょう。

低い球筋・高い球筋を打ち分ける

念の為に申しておきますが、平らな場所であればセオリー通り、左足踵線上にセットするのが正解です。なぜなら一般的なスイングであれば、左足が軸足ですのでスイングの最下点が左足踵線上に来るからです。これを踏まえて低い球を打ちたいのであれば少し内側に入れてスイングすれば右にボールがある分クラブフェイスが少し立った位置でインパクトを迎えるため飛び出しの低い球が打てる事になります。

同じようにやや左にボールを置いてダウンブローでハンドファーストのインパクトをすれば、前回お話ししたスピンの効いた球が打てますし、ターフも難なくとれるきれいなスイングになります。

逆に高い玉を打ちたいのであれば、少し左側にセットすれば、ロフトが左にある分寝てしまうので高い玉が打てる(その分距離は落ちます)という訳です。

この様にそのシチュエーションに合せてボールをセットする必要があるわけですね。基本をきちんと理解した上でコースではその応用を自分なりに選択してショットしなければならないということです。逆に言えば打ちたいボールに合わせて、ボールのセット位置を変えなければならないということになります。

ページの先頭へ戻る