100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > コースマネジメント > スイングアドバイス 〇〇しないように!というアドバイスはその場限り?本当の原因ではない場合が多い。2-2 改訂版

2019.01.19

スイングアドバイス 〇〇しないように!というアドバイスはその場限り?本当の原因ではない場合が多い。2-2 改訂版

a1180_001414_m

スポンサードリンク

本番のコース上でも同様です。

本番のコース上でも、「OBを打たないように!」「3パットしないように!」と否定的な考え方をする人が多くいますが、もうそれだけでこの否定的なイメージが頭に残り、そちらのほうに意識が行ってしまいがちです。

よく言いますでしょう「池に入れないようにと思っていたら、池に入れちゃった」ってこと。このように起こる結果を否定的な言葉で表現してしまうとそのような結果を招いてしまいやすいのです。

ですから、この様な時には右側がOBであれば、「OBを打たないように!」と思うのではなく、「左へ打つ!」あるいは、「3パットしないように!」と思うのではなく、「2パットで入れるんだ!」と肯定的に考えることが肝要です。

これは心理学的にも同様のことが言われています(※スポーツ心理学・メンタルコントロールの項参照)ので、ぜひ実践してみてください。

スイングの悪い原因は、上級者やレッスンプロに見てもらってアドバイスをもらいましょう。

但し、理屈(理論)をしっかり理解した上で根本原因を修正するようにしてください。

対処療法「〇〇しないように!」はダメですよ。(笑)

ページの先頭へ戻る