100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > インテンショナルショット > まだ、真っ直ぐも打てないのにスライスやフックなんて無理!? 本当にそうでしょうか? 改訂版 4-2

2019.02.02

まだ、真っ直ぐも打てないのにスライスやフックなんて無理!? 本当にそうでしょうか? 改訂版 4-2

2017-10-02_17h12_01

スポンサードリンク

ボールを真っ直ぐに飛ばすには!?

前回からの続きです。

更に、クラブヘッドの中心(重心)でボールを捉えていないとボール行方は判らなくなってしまいます

少しでも左右にずれてしまうと、ヘッドは重心を中心にして回転してしまいますのでボールに左右のどちらかのサイドスピンがかかってしまい、スピンの係った方向へボールが曲がって行ってしまいます。

練習場では、多くの上級者や先輩方に言われてはいたのですよね。「真っ直ぐ飛ばそうとしなくていいよ」「とりあえずは、前に飛びさえすればいいんじゃない。」とかですね。

とはいえ、やってる本人としては、そうなっていないので「とにかく曲がらないでまっすぐ飛んでほしい!できるだけ遠くまで飛んで欲しい」といった一念で練習している訳ですから、先輩の言うような余裕はないのが実情だったと思われます。

これがいつの間にか「真っ直ぐ飛ばさなきゃ!」「しかもできるだけ遠くまで!」といった思い込みを作ってしまっている訳ですね。

ある程度の回数コースに出て、経験を積んでくるとやっとのことで、ほんの少しの「余裕」というか、自分を振り返るというか、視野が狭くなって周りが見えていない状況からちょっとだけですが、出られるとこの思い込みから抜け出されるチャンスが巡って来るのです。

そんなに飛ばなくても、大方あの辺に言ってくれればいいや」とか「3オン・2パットのボギーで上等、であればドライバーをシャカ力に飛ばさなくてもフェアーウェイキープした方が楽じゃないの?」といった考え方が出てくればしめたものです。

ページの先頭へ戻る