100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > インテンショナルショット > まだ、真っ直ぐも打てないのにスライスやフックなんて無理!? 本当にそうでしょうか? 改訂版 4-3

2019.02.09

まだ、真っ直ぐも打てないのにスライスやフックなんて無理!? 本当にそうでしょうか? 改訂版 4-3

2017-10-02_17h12_01

スポンサードリンク

ボールを曲げる条件とは?

その他のボールを曲げる条件として、コースにおいては風が吹いている場合がありますよね。

当然ですがボールはこの影響を受けます。

更に落下地点のコースの微妙なアンジュレーションによってボールの跳ねる方向が異なります。

あとはスイングの問題でしょう。

スイングのその度にインサイドアウトの軌道だったり、逆にアウトサイドインの軌道だったり、フェイスを開いたり、逆に閉じたり、はたまたダウンブロー気味のスイングだったり、フラットに近いスイングだったり・・・・・・・、キリがありませんよね。

ことほど左様にボールを曲げる条件は多種多様に挙げられます

ですから、ボールを真っ直ぐに飛ばすことはとても難しく、到底できないことだと考えた方が良いということです。

ところが多くの(上手ではない・上級者ではない)ゴルファーが、来る日も来る日も真っ直ぐなボールを打とうと練習場へ通い、その練習場でたまたま出たナイスショットの再現性を高めようと、一生懸命練習しているということですよね。

誤解しないでくださいね、決してその努力を否定しているわけではありませんから・・・・。努力は必要ですし、いずれ報われると私も思っています。

ページの先頭へ戻る