100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > スイング全体について > バンカーショットは難しい!?ここで終わっていませんか?だとすれば・・・・・。5-2 改訂版

2019.03.16

バンカーショットは難しい!?ここで終わっていませんか?だとすれば・・・・・。5-2 改訂版

2014-07-24_14h46_59

スポンサードリンク

前回からの続きです。

失敗した原因の検証をどのようにすれば良いのでしょうか!?原因(結果)別に見てみましょう。

1つ目は、エクスプロージョンショットを打つのに砂を取りすぎて(打込み位置が手前過ぎて)しまい、高さと距離を思った程出すことができず、再度バンカー内からのショットが必要となる場合です。

2つ目は、ショットの際にクラブヘッドが直接ボールに当たり(トップ気味で)、土手に当たってしまいバンカーから出せず、元に戻ってきた場合です。

3つ目は、2番目と同様にショットがトップ気味にボールを捉えてしまい、土手に当たらずグリーンをオーバーしてしまう場合です。

まず、最初の砂を取りすぎてバンカーから出せなかった場合ですが、なぜ取り過ぎてしまったのか?という根本的な原因の究明よりも先に「あれだけ力を入れたのにもかかわらず、出なかった。もっと強く力を入れて打つべきだった」といった方向へ考えが行ってしまいがちです。

根本原因である打込み位置(ボールの手前5~15㎝付近※打ちたい距離・高さで異なります)のミス究明の方へはなかなか考えが行かないようですね。

特にエクスプロージョンショットの場合、「砂の爆発力でボールを出す」といったイメージがあって、エクスプロージョンショットはすごく力がいるといったイメージに陥りやすいようです。

エクスプロージョン(英語の意味は爆発)という、この言葉の持つイメージがそんな思い(イメージ)を描き易くしているのでしょうかね。

ページの先頭へ戻る