100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > スイング全体について > バンカーショットは難しい!?ここで終わっていませんか?だとすれば・・・・・。5-3 改訂版

2019.03.23

バンカーショットは難しい!?ここで終わっていませんか?だとすれば・・・・・。5-3 改訂版

2014-08-06_16h06_23

スポンサードリンク

前回からの続きです。

「砂の爆発力」でボールを出すのか!?言葉「言霊」が持つ魔力の一つでしょうかね?一度音になってその言葉が出るとこれを聞いた人はその「言霊」に縛られてしまう・・・???といった古代の人達(広くアジア地域の人々)の認識が未だに残っているかのような気がしてきます。(私は半分信じています)

エクスプロージョン(爆発という意味)という英語の意味がもつ「イメージ」がある為に、強く打とうとして腕や手首に必要以上の力が入って、クラブヘッドのスピードを遅くさせる※ことになってしまい、結果的にバンカーでのミスに繋がってしまっているということのようです。

※力が入っていない場合のほうが手首が柔らかくなってヘッドスピードは上がります。

前回の 誤解されやすい基本 でもお話ししましたが、クラブのバンスをうまく使えばバンカーショットは楽に打てます。基本は、「クラブヘッドがボールの2~3センチ下をバンカー面と平行に動いてゆくように振ればよい」と言うことですね。そうすれば、自然にボールは上がります。力は要らないのです。

その時の砂が一緒に飛び出す状態が「砂が爆発している」ように見える(あくまでも見えるだけですよ)のであって、決して「力を入れて爆発させている訳ではない」ということなんです。

いかがでしたでしょうか?次から力を抜いたバンカーショットを試してみませんか!?

ページの先頭へ戻る