100切りを目指すゴルファーへのスイングアドバイス。ゴルフスイングを理解すればゴルフスコアは必ず伸びる!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフスイングアドバイス > インテンショナルショット > スイングアドバイス ゴルフの科学的考察 「ボールの曲り」について 3-2 改訂版

2019.04.20

スイングアドバイス ゴルフの科学的考察 「ボールの曲り」について 3-2 改訂版

2014-07-31_17h36_42

スポンサードリンク

前回からの続きです。

ボールの曲がり方(ボールの軌道)に与える3種類の要素とは?

①のクラブヘッドの軌道については、ストレート、インサイドアウト、アウトサイドインの3種類があります。

②のクラブヘッドの向きについては、スクエアー、オープン、クローズの3種類があります。

③のクラブヘッドの打点についてはセンター、ヒール寄り、トゥー寄りの3種類があります。

結果的には、ボールの飛び方としては上記3種類の当たり方と3要素で3×3×3の27種類の飛んでいき方(球筋)があるということになりますね。

軌道がインサイドアウトになればフックがかかりますし、逆にアウトサイドインの場合はスライスになってしまいます。

また、同様にクラブヘッドの向きもスクエアー以外ではサイドスピンがかかってフック・スライスのオールになりますし、打点がセンター以外であればやはりスピンがかかってしまいフック・スライスになってしまいます。

いずれにしても最後まで真っ直ぐ飛ぶボールを打つためには上記の27種類の内、ストレートの軌道でクラブの向きがスクエアー、打点はセンターでボールを捉えないといけないといったスイング条件が揃わないといけない訳ですよね。

長くなりましたので続きは次回で。

ページの先頭へ戻る